アウトソーシング|株式会社クリアテック(技術系・オフィス系の正社員転職・派遣)

クリアテックはコールセンターや給与計算等、事務系に特化した分野のお仕事のお手伝いをさせて頂いております。

アウトソーシングを上手に行うことで、非効率的な業務に自社の人員資源を割くことなく、専門スキルを持つ人材に仕事を預けることが出来ます。
また、人材育成や設備投資に手間やコストが掛かる業務をアウトソーシングする事で、御社の本業やコア業務に集中しながらコストの削減を図ることが可能となります。

クリアテックでは、御社がより効率的に企業活動を行うためのサポートをさせて頂きます。

対象職種

事務・テレフォンオペレーター・通訳・秘書等

アウトソーシング対象職種イメージ

対象詳細職種

一般事務、営業事務、経理・会計事務、総務事務、人事事務、貿易事務、英文事務、テレフォンオペレーター、翻訳、通訳、受付、秘書、金融事務、生保事務、損保事務、DTP、編集、Web、OAインストラクターなど

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングのメリットイメージ

コスト削減

業務量の変動に伴うリスクを回避

業務効率化

業務負担を軽減させ、中核業務に集中投下

品質向上

プロセス見直しからの業務標準化による精度向上

労働者派遣とアウトソーシングの違い

アウトソーシングとは、人材や技術といった経営資源を外部から導入し、経営効率を高める経営戦略のシステムです。

人材派遣事業とアウトソーシングの一番大きな違いは、雇用関係と指揮命令関係の所在です。
人材派遣事業の場合は、雇用関係は派遣会社と派遣社員との間で結ばれますが、仕事の指示は派遣先企業が行います。
アウトソーシングでは、派遣と違い取引先企業との間に指揮命令関係が生じません。

アウトソーシングを導入し、正社員がより中心的な業務に集中することによって、業務の効率化やコスト削減、専門性の強化が可能となります。

労働者派遣

労働者派遣連携イメージ

メリット

・業務の繁忙に合わせ人員調整できる

デメリット

・業務管理・労務管理の負担がかかる
・派遣法による制約が多い

アウトソーシング

アウトソーシング連携イメージ

メリット

・業務管理・労務管理費を圧縮できる
・運用体制の明確化による業務効率UP

デメリット

・導入のための準備期間が必要

クリアテックのアウトソーシングの流れ

STEP1プランニング

増産・減産への対応やコスト競争力の強化等、アウトソーシングの環境整備を独自の企画力でプランニング。

御社に最も最適なプランをご提案いたします。

STEP2お見積り・ご契約

プランに基づいて業務内容や必要な人員体制から、請負業務をお見積りいたします。
期待される成果にご納得された上でご契約となります。

STEP3スタッフの選抜、教育・研修

クリアテックのノウハウを活かして、優秀なスタッフの選抜・採用をスムーズに行います。

また、安全衛生研修をはじめ、ビジネスマナー研修や業界研究等、様々な研修を実施します。

STEP4アウトソーシング開始

御社の請負業務をスタートいたします。
この時点から実際のお取り引きがスタートいたします。

STEP5現場管理

社員の安全衛生管理の徹底、現場管理者の配置や、更にはQCサークルを中心とした改善提案を行います。

御社から頂いた請負業務をクリアテックが責任を持って遂行いたします。

ページトップへ

人材をお探しの企業様

  • 人材をお探しの企業様
  • 人材紹介
  • 紹介予定派遣
  • 人材派遣
    • 技術系人材派遣
    • 製造・物流・オフィス系人材派遣
  • アウトソーシング

企業のご担当者様へ

企業様向けお問い合わせ

お問い合わせ総合窓口

受付時間:平日9~19時、土曜10~18時 電話番号:03-5821-6700お問い合わせ